タイトルはそのうち決める

艦これのおぼえがきとか。昔のメモも隙間時間に移植しているので、たまにタイムスリップ記事が最新になる。

始まらない秋イベ2017 動き出したE1(乙)

終了が1週間後に迫る中、動き始めることにした秋イベ。
まず手始めに、E1に出てみる。

 

報酬・ドロップの確認と難易度選択

報酬は消費アイテムを除くと甲乙で差がない。
また、ドロップ艦については特に必要なものがない。

したがって、今回は時間がないのも考慮して、乙で行く。

ギミックが多いと聞いていたけれど、結構複雑なのね。

 

編成

温存等も何も考えず、E1のモチーフである志摩艦隊を編成することにした。

f:id:kurosakiworks:20171205170046j:plain

阿武隈甲標的+先制対潜装備、他の駆逐は普通の対潜装備。

 

基地航空隊は考えるのが面倒だったので適当な航続距離のものを適当なマスに。

f:id:kurosakiworks:20171205170220j:plain

(最終的にボスマスに届かないので全部一式陸攻にした)

 

ギミック解除

f:id:kurosakiworks:20171205170314j:plain

f:id:kurosakiworks:20171205170328j:plain

左半分が解放される、FマスやKマスを踏みに行く。
途中何度か警戒陣を選んだりした。
知っていたけど押し間違えた。

その後、P、Oの順で踏んでボスマスを解放。

 

ボスマス到達

Oマスを踏んだ後ボスマスに直行したのがボス戦一回目。
舐めプ状態だったため、そもそもボスの編成をちゃんと確認していなかった。
そのため、ほとんど対潜装備。
ボスマスが水上艦だけだとは全く考えていなかった。

f:id:kurosakiworks:20171205170653j:plain

でも雷撃戦終了時点でちゃんと片づけてくれた。

 

そんなこんなでラスト

とりあえず事故もなく、ゲージ破壊直前までやってきた。

f:id:kurosakiworks:20171205170756j:plain

 

最後の一撃は、せつない

f:id:kurosakiworks:20171205170956j:plain

基地航空隊の容赦ない攻撃で、本戦闘開始前にゲージは消し飛んだ模様。

 

f:id:kurosakiworks:20171205171221j:plain

f:id:kurosakiworks:20171205171230j:plain

f:id:kurosakiworks:20171205171239j:plain
(これを書いていて、装備ロックしていないことに気付いた。アズレンばっかやってたから。。)

 

処遇に困るドロップ艦メモ

E1 乙 ボスマスにて

1回目 S勝利 瑞穂(何人か目)
 → 零観・・・オイテケ

2回目 S勝利 占守(2人目)
 → 複数持ちはしないが改造前海防艦の効率は魅力

 

さっさと次へ行かねば

f:id:kurosakiworks:20171205171247j:plain