タイトルはそのうち決める

艦これのおぼえがきとか実験装置とかLaTexのメモとか。

Bat file for making savedata copy of Primitier(VR game)

Windows Bat file for making savedata copy of VR sandbox game Primitier.

It copy savedatas in "\Documents\Primitier\Saves" as backup renamed with timestamp header.

(Please note that I do not take any responsibility or liability for any damage or loss caused through using this program.)

 

Save following text as "PrimitierSaveDataBackup.bat".

@echo off
cd %userprofile%\Documents\Primitier\Saves
echo start backup
for %%i in (save?.dat) do (call :BU %%i)
pause
exit /b

:BU %1
for /F %%j in ("%1") do (set TS=%%~tj)
set TS=%TS: =%
set TS=%TS:/=%
set TS=%TS::=%
set FN=%TS%_%1

if exist %FN% (
 echo %FN% exists, skipped
) else (
 echo copy %1 as %FN%
 copy %1 %FN%
)

exit /b

Execute "PrimitierSaveDataBackup.bat" and you will find the files named like "170520221019_save1.dat".

Program check existence of save1-8.dat and copy them.

Note that header style depends on your PC setting.
Normally in Japan, (Year)(Month)(Date)(Hour)(Minutes)_save*.dat
Maybe in other country, (Date)(Month)(Year)(Hour)(Minutes)_save*.dat

The headder doesn't include (seconds)

銅を氷水で急冷する時に、どのくらい水がいる?

銅の比熱は高め、水の比熱は低めの値を取って適当に計算する。
蒸発とか沸騰の事は忘れる。

 

銅のおもさ@1mol:63.546( \rm{g/mol})
銅の比熱*1C_{\rm{Cu}} = 26.8 (\rm{g/K\cdot mol}) =0.4217 (\rm{g/K\cdot g})

 

水の比熱*2 C_{\rm{water}} =4.18 (\rm{J/K \cdot g})

 

銅をm=10 (\rm{kg})用意して、T_0 = 800 (\rm{^oC})まで加熱しておくとする*3
温度T_1まで冷やしたいとして、銅の温度差は\Delta t_{\rm{Cu}} = T_0-T_1 = 800 - T_1
銅から奪いたい熱はW = C_{\rm{Cu}} \times \Delta t_{\rm{Cu}}  \times m = 0.4217 \times (800-T_1)  \times (10 \cdot 10^3)

 

水の温度差は\Delta t_{\rm{water}} = T_1-0 = T_1*4
銅から奪いたい熱をこの温度差で請け負うために必要な体積は
V_{\rm{water}} = \frac{W}{C_{\rm{water}} \times \Delta t_{\rm{water}}}\div 1000 =  \frac{0.4217 \times (800-T_1)  \times (10 \cdot 10^3)}{4.18 \times T_1}\div 1000 (L)

 

横軸を目標温度、縦軸を必要な水の量とすると、

銅を急冷するよ

 

思ってたより少なかった。

 

まぁ、比熱が10倍違うからそんなものかー。

*1:理科年表、@600K

*2:理科年表

*3:温度差だけの議論なのでケルビン卿の事は忘れて良い

*4:氷水=0℃スタートとしてしまう。

Primitierのセーブデータをバックアップするバッチファイル

Steamで早期アクセスになっているPrimitier用。
特定フォルダにあるセーブデータを、タイムスタンプをヘッダにしてコピーする。

使って予期せぬ振る舞いをしても責任はとれないのであしからず。

 

以下をPrimitierSaveDataBackup.batとして保存。

@echo off
cd %userprofile%\Documents\Primitier\Saves
echo start backup
for %%i in (save?.dat) do (call :BU %%i)
pause
exit /b

:BU %1
for /F %%j in ("%1") do (set TS=%%~tj)
set TS=%TS: =%
set TS=%TS:/=%
set TS=%TS::=%
set FN=%TS%_%1

if exist %FN% (
 echo %FN% exists, skipped
) else (
 echo copy %1 as %FN%
 copy %1 %FN%
)

exit /b

 

実行すると、save1.dat~save8.datについてバックアップする。
「202205080927_save1.dat」みたいな感じ。
言語設定によってヘッダーの内容が変わるかもなので注意が必要。

あと、秒は入っていないとおもうので、超短期間にはバックアップしてくれない。

 

以下はメモ。

 

cd %userprofile%\Documents\Primitier\Saves

%userprofile% でログインしているユーザーのフォルダにPATHが通っているはず。

 

for %%i in (save?.dat) do (call :BU %%i)

遅延変数展開のせいでsetができないので、サブルーチンにしてしまう。
こうすると変数がすぐに更新される。

 

for /F %%j in ("%1") do (set TS=%%~tj)

%~tj でタイムスタンプ文字列

ファイル名を与えるところは""で挟まないとちゃんと動かない。
気づくのに結構かかった

タージマハール ブラックカシミール・カリー

頂き物のレトルトカレー「タージマハール ブラックカシミール・カリー」

 

パッケージ表

 

パッケージ裏

 

ごはんに全部かけるな、と書いてあるので別皿

 

辛い

けっこうからかった。

具が入っていないんだが、それもさみしい。
ということでご飯を炊く際にベーコンと玉ねぎを放り込んだ。

 

 

 

VRoid Studio オノゴロ物語ハルさんの衣装を作る

オノゴロ物語に登場するコセ・ハルの衣装をVRoid用に作ってみた。
一枚テクスチャでもよかったんだけど、重ね着して帯とかに立体感を出してみた。
作ったのは衣装だけで、着させているのは自分用モデル。

 

作成したハルさん衣装

参考にどんな構造になっているかのメモと、末尾にVRoidファイル置いておく。
VRoidは透過部品が多いからVRChatに直接は持っていけないと思うけれど。

続きを読む

久しぶりにMeCabを使いたい、ただしPythonで(メモ)

MeCabは昔使ってたんだけど、あの時はJavaで書いてた。

 

参考ページのメモ

 

qiita.com

github.com

taku910.github.io

とりあえず mecab-python3 を入れてみた。

 

pypi.org

 

f:id:kurosakiworks:20220319141416p:plain

うごかしてみた

すっごく大雑把に、パルス状に放電した場合を考えるメモ

スイッチとかコンデンサは以下のものを使うとする。

 

kuroworks.hatenadiary.jp

 

kuroworks.hatenadiary.jp

室温のコイルに放電するとして、いろいろ想像してみる。

たとえば、

  • ワイヤー1.0x2.4平角銅線
  • 11巻(1-18層)・13.5巻(19層)・16巻(20-28層)
  • 内径 21mm
  • 計算上のセンターの効率:7.84 T/kA
  • R_{\rm DC}=475{\rm mΩ}
  • L_{20{\rm Hz}}=3.88{\rm mH}

このコイルの場合、ものすごく単純に、最大電流は I=\frac{V}{R}=\frac{300}{0.475}=631.6{\rm A}
…多分耐える。
で、せいぜい 0.6316\cdot7.84=4.95{\rm T}

 

パルス幅は、発熱を考えないで単純に

 

あれ、合ってるかな?